ピュアナチュラルC

ご注文はこちら

ピュアナチュラルCって何?

camucamu

ピュアナチュラルCは、カムカムという真っ赤な果実からできた、100%植物性のビタミンCサプリメントです。 カムカムは世界で最もビタミンC含有量が多く、また、ビタミンCの仲間として働く色素成分などが多様に含まれています。

一般的なビタミンCサプリメントと大きく違うのは、自然本来の様々な植物栄養素が生きている点です。 名前がついていないような微量な成分も一緒に摂ることが本来の”食事”だと私たちは考えます。

ピュアナチュラルCは”何も引かない、何も足さない”というポリシーの元に作られておりますので、 新鮮なカムカムをそのまま食べるのと同等のメリットを受け取っていただけます。

厚生労働省は1日100㎎のビタミンCの摂取を勧めています。 ピュアナチュラルC1粒には68㎎のナチュラルビタミンCが含まれていますので、1日2粒で十分に摂取目安量を補えることになります。 *250㎎程度の摂取を推奨する専門家もいます。

はたらき・メリット

camucamu

インナービューティー

ビタミンCは美容の基本となる栄養素です。 美容液などで外からアプローチするのと同時に、内側からも満たそうとする方が増えています。

外の刺激から身を守る

植物はビタミンCや植物栄養素を”バリア”として役立てています。 私たちにとっても、日差しやストレスなどから身を守るのにビタミンCは有用です。

体調管理に

体調を崩した時に”ビタミンCをたくさん摂ろう”と言われたことはありませんか? 季節の変わり目や寒い時期にもビタミンCは役立ちます。

栄養バランスの改善

生活リズムや食生活が乱れるとビタミンCを消耗します。 規則正しい生活を送ることが1番ですが、それができない時に対策があると心強いものです。

様々なこだわり

100%植物性

原材料はカムカム(主原料)とタピオカ(補助原材料)です。 カプセルも植物から作られています。

無添加

添加物の類や非遺伝子組み換え原材料は入っておりません。

安全な製法

カムカムからビタミンCを抽出する時、水だけを使います。
それが植物の持っている力を傷つけない最も安全な方法だからです。

認証オーガニック

カムカムはアマゾンの森林に自生している野生種(無農薬)で、
タピオカは米国オーガニック認証団体Oregon Tilthに認定されています。

ベリーベリープレミアムとの比較

ピュアナチュラルC

  • ナチュラルビタミンCと、
    その周辺の植物栄養素を摂ることに特化
  • カムカムが主原料
  • 日差しが強い季節に特にお勧め
  • カプセルのみ
  • ややリーズナブル

ベリーベリープレミアム

  • ナチュラルビタミンCの他に、
    美容と健康に関する様々な栄養も入っている
  • カムカム+16種類の果実
  • 年間を通じてお勧め
  • カプセルとパウダーの2種類
  • パウダーはリーズナブル

アマゾンの「カムカム」プロジェクトについて

アマゾン支援

アマゾンでは森林の伐採が深刻な環境問題になっています。 その一方で、現地の人々は木を売るしか生活手段がないという現状があります。 そこで、シナジーカンパニーは2000年からカムカムを公正な価格で買い取るフェアトレードプログラムを実施。 また、診療所を設置するなど、現地の生活改善のためにも積極的に活動しています。

ピュアナチュラルCやベリーベリープレミアムに用いられているカムカムをご利用頂くだけで、 アマゾンの環境破壊防止活動に参加して頂けます。

ピュアナチュラルC 商品一覧

プレゼント

【 カプセルタイプ 】

ピュアナチュラルC120粒

カプセル120粒(約1〜2ヶ月分)

しっかり試したい方や、プレゼントにお勧め。
家族での長期旅行にもちょうど良いサイズです。

定価:5,832円(税込)

ピュアナチュラルC360粒

カプセル360粒(約3〜6ヶ月分)

120粒サイズより約20%お安くなっています。

定価:14,904円(税込)

原産国 アメリカ
原材料 カムカム(果実)、タピオカ、HPMC(ベジタブルカプセル)
保存方法 高温多湿の場所を避け、常温で保存して下さい。開封後は、フタをしっかりと締め、冷蔵庫で保管して、お早めにお召し上がり下さい。
お召し上がり方 1日、2〜6粒程度を目安に、十分な水やジュースなどと一緒にお召し上がり下さい。 吸収が高まる空腹時にお飲みいただくのがお勧めです。 初めてご使用の場合は少量からご使用下さい。
ご 注 意 原材料をご覧頂き、アレルギーのある方はご使用をお控え下さい。 通院中の方や服薬中の方、なんらかのアレルギーのある方、妊娠中・授乳中の方、お子様は、ご使用前に掛かり付けの医師にご相談下さい。

このページの先頭へ