シナジーカンパニーの品質基準

安全性

シナジー製品の原材料

シナジーカンパニーが最も重要視するのは「安全性」です。 ピュアシナジーを始め、全ての製品に添加物を一切使用しておりません。 放射線殺菌されたもの、危険な残留農薬を含むもの、そして遺伝子組み換え原料も一切使用しません。

高い安全性を追求することは、製造の効率や、企業側の利便性よりも、ずっと大切なことです。 高品質の原材料を用いて、最新設備の製造工場で作られた、安心・安全な製品のみを、大切にお手元にお届けしています。

オーガニックへのこだわり

亜麻仁

シナジーカンパニー製品に使用されている原材料はオーガニック栽培もしくは野生のものです。 原材料の95%以上は世界最大級の認証団体であるOTCOの認定を受けています。 安全性だけでなく、栄養の観点から、そして環境保護の視点からもオーガニックを選択しています。

オーガニック栽培の植物は最大限の植物栄養素を摂取できるだけでなく、 有害物質から環境と私たち自身を守ることにもつながります。

シナジーカンパニー製品の原材料は世界でも最高レベルのものです。 その供給を維持するために、農家や野生植物の収穫を行う人々は細心の注意を払って生産及び収穫をしています。 野生の植物は生態系に配慮し、乱獲をしないなど倫理的基準に基づいて収穫します。

素材へのこだわり

スプラウト

シナジーカンパニーではオーガニック栽培の植物を原料に使用しているだけでなく、 その種にもこだわり、できるだけ原種を採用しています。 また、その植物の栄養が最も高まる時期や部位を選んで収穫しています。

例えばブロッコリーであればスーパーで売られているような状態ではなく、「スプラウト」と呼ばれる新芽の時期に収穫します。 ブロッコリースプラウトには大変貴重な植物栄養素である「スルフォラファン」が豊富に含まれています。

また、キノコ類であれば、それも私たちが普段食している子実体ではなく、菌糸体を用いています。 菌糸体には私たちの健康に有用な酵素や多糖類が豊富に含まれています。

加工へのこだわり

スプラウト

自然の植物は様々な栄養素がバランスを取り、ある種の調和を保っています。 それを食べるということは、完成された状態のものを体内に取り入れることになります。 このような天然に近い食品を「ホールフード」と呼びます。

熱に弱い栄養を守り、「ホール」の状態を守るために、 シナジーカンパニーではフレッシュ・フリーズドライ、コールドドライ、リフラクタンス・ウィンドウドライなどの高度な加工方法を採用しています。

このおかげで熱に敏感な活性成分、植物栄養素、植物酵素などが守られます。 シナジーカンパニーではこのような細心の注意を払った加工方法により、天然そのままの調和を出来る限り壊さない上質なホールフードを提供しております。

このページの先頭へ