シナジーカンパニーってどんな会社?

モアブ

シナジーカンパニー1992年にミッチェル・メイによって設立されました。 住所はアメリカのユタ州、モアブ。 広大な山脈に囲まれた、大自然の中にある小さな町です。

シナジーカンパニーは決して大きな会社ではありませんが、 ひとりひとりが非常に高度な仕事を受け持っています。 最先端の科学と伝統的な植物療法を融合し、心身の健康に寄与する食品を供給し続けています。

モアブ2

シナジーカンパニーは背の高いビルも巨大な施設も持ってはいませんが、行なわれている事業はどれも大企業にひけを取りません。 世界中に最高品質の原材料を輸出し、多くの国でシナジーカンパニーの商品が販売されています。

シナジーカンパニーへの就職を希望する人は、あとを絶ちません。 ミッチェルが持つ健康への志と環境保護への様々な取り組みと社会貢献、 そしてこのモアブの大自然に憧れ、応募する人が多いのです。

風力発電

また、シナジーカンパニーは「あらゆる形で地球を傷つけない」ことをモットーにしております。 人と地球、双方の未来を守るために、以下のような環境保護活動を行っております。

・社内で使用する電力をすべて風力発電によって供給する。
・製品の売上げの一部を寄付し、風力発電事業を援助する。
・事業の過程で排出されるCO2量に相当する樹木の植林を援助する。
・有機栽培を行う農家に援助金を出し、様々な形でサポートする。
・アマゾンの密林保護のため、カムカムの栽培と加工を援助する。

皆様にシナジー製品をご購入いただくことによって、以上のような環境保護へのサポートが出来るようになっています。

このページの先頭へ