にんじんジュースのレシピと作り方

作り方

ジュースの作り方

野菜ジュースと言えば真っ先に出てくるのがにんじんジュースです。 にんじんジュースの栄養価はズバ抜けて高く、ビタミンAやカロテンを豊富に含んでいます。

その効能はお肌のトラブル防止、体調管理、エネルギーアップなど多岐に渡り、 普段から継続して飲み続ければ様々な場面で役立ちます。

また、甘くて美味しいのでどんな野菜とも相性が良く、 クセの強いと混ぜるととても飲みやすくしてくれます。

レシピ集

レシピ1:にんじんのシングルジュース
材料:にんじん4本
まずはにんじんだけのジュースを試してみて下さい。 さわやかで優しい甘みがして、市販の野菜ジュースとは比べものにならないほど美味しいはずです。

ジューシングする際は皮をむかずにブラシでくぼみの土を洗い落としましょう。 その後、両端を少し切り落としてからジューサーに入れます。


レシピ2:にんじん・りんごジュース
材料:にんじん2本 りんご1個
様々な食事療法で推奨されている定番中の定番レシピです。 にんじんの甘みとりんごの甘みが加わり、とても美味しく、そして栄養価の高いジュースができあがります。 ここにピュアシナジーを混ぜると最高の健康ジュースになります。


レシピ3:にんじん・りんご・ほうれんそうジュース
材料:ほうれんそう1〜2株 にんじん2本 りんご1個
消化器官をメンテナンスしたい時はほうれんそうを加えましょう。 ほうれんそうは胃から大腸までを掃除してくれる最高の野菜です。 便秘などでお困りでしたら休日にぜひ試してみて下さい。


レシピ4:にんじん・さつまいものジュースジュース
材料:にんじん3本 さつま芋1/2本
さつまいもを使うことに不思議な感じがするかもしれませんが、 美味しくてお肌のメンテナンスに最適な組み合わせです。 さつまいもを生で食べたことはおそらくないでしょう。 取り入れたことのない栄養に身体は大喜びするはずです。

参考文献
『フルーツで野菜で!生ジュースダイエット』ナターシャ・スタルヒン著 講談社
『汚れた腸が病気をつくる』バーナード・ジェンセン著 ダイナミックセラーズ出版
『ゲルソンがん食事療法』シャルロッテ・ゲルソン、モートン・ウォーカー著 徳間書店
『フィット・フォー・ライフ』ハーヴィー・ダイアモンド、マリリン・ダイアモンド著 グスコー出版
『ベジタブルジュース』西式健康法西会本部 平河出版社

このページの先頭へ